2011年01月12日

今日のお稽古のプログラム

今日のお稽古曲・小唄

私の教室の定員は8名で、今、定員に満ちて、楽しくお稽古をしています。

今日のプログラムは、下記のとおりです。

(先回のおさらい)

「梅一輪」
 ☆本調子
梅一輪一輪ずつに鶯の唄い初め候
春の景色も整うままに
実は逢いたくなったのさ

(今日のお稽古)

「無理な首尾して」
 ☆本調子
無理な首尾して出先より 用事をつけて
逢う夜(よさ)は 枕も邪魔と引き寄せて
顔に冷たき前髪の 月じゃごぜえせん
白々と ま 明がらす

「逢いたい病」
 ☆本調子
逢いたい病が少し此頃
募り過ごしてどうにもならぬ
人に意見を言ってみるほど
気楽な身分になれぬものかいな

(余興ー游芸節)*作詞作曲は、私真千子です。

「寒椿」
 ☆本調子
淡雪の
降るや 如月
忍ぶ路に
除きよとすれど はらはらと
胸の炎と 舞狂ひ
憧れて 焦れて
朱崩折れて
闇に落敷く 寒椿

小唄・端唄のお稽古は、まず、私が、三味線を弾きながら、全部を唄い、次に、生徒さん全員で、私の三味線に合わせて、合唱のように、繰り返し、繰り返し唄い、その上で、今度は、お一人お一人に、唄っていただきます。そのとき、まだ自信のない方には、私が歌詞を添えるようなつもりで、一緒に唄ってさしあげます。みなさん、みるみる上達されます。

生徒さんには、お稽古にあたって、私が吹き込んだ小唄・端唄のテキストテープ3枚をお買い求めいただき、ご自宅で、何度も繰り返し、聴いていただいています。



続きを読む
posted by ぼたんちゃん at 00:16| Comment(0) | 小唄・端唄の稽古プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。