2011年01月09日

三味線の皮は猫の皮

このブログを書いている目的

これまで、自分勝手に、思いつくことを書いてきましたが、ふと、では、誰が、このブログを読んで下さるのかなと考えたら、急に、不安になりました。

こうして、毎日、私がブログを書くのは、もちろん、あなたに読んでいただきたいから書いているので、あなたが、三味線や小唄・端唄のお稽古をしたいと思っておられると知っているから、あなたにこうして手紙を書くつもりで、ブログを書いているのですが、もし、あなたが、そこにいないとしたら、なんだか、寂しいです。

私のブログは、
@これから、三味線と唄をお稽古したいあなた。
A三味線や小唄・端唄について、もっと知りたいあなた。
B芸者とか芸事などについて、好奇心をもつあなた。

にあてての手紙です。どうか、気楽に読んでください。
そして、質問やコメントがありましたら、どしどしお寄せください。

三味線の皮は猫の皮

あなたもご存知の通り、三味線の皮に一番適しているのは、猫のお腹の皮です。

三味線をよく眺めると、三味線の皮には、4つの小さな穴(ぽっち)がついています。これは、猫のおっぱいの跡です。猫の皮は、本当に薄くて、繊細なのです。

私は、三味線を4つ持っていますが、みんな猫の皮です。場合によっては、犬の皮(けんぴ)を使う場合もありますが、私は、猫皮の三味線を使っています。

ところで、私は、アブちゃんと名づけたラグドール種の猫を飼っていますので、ときどき、三味線の皮に猫の皮が使われているのが、申し訳ないことのように思えます。

あっ、玄関で、ピンポーン、お客様のようです。

では、また、のちほど。







posted by ぼたんちゃん at 11:23| Comment(0) | 猫の皮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。