2011年07月08日

映画と朗読会

昨日(7日)は、デンデラという映画を見ました。
浅丘るり子や草笛光子が、姥捨て山に捨てられた老婆を演じ、
50人の老婆が自分たちを捨てた村人に復讐すべく立ち上がろうとするのですが、
倍賞美津子演じる、復讐反対の老婆がそれに従わず、草笛光子と対立し、話がいつしか、
凶暴なヒグマとの戦いになっていき、なんだか、よく分からない映画で、好きになれません。

今日は、NHKの中村昇アナウンサーの藤沢周平の時代小説『川の辺』の朗読を聴きに行きました。大森森の文化センターで、150人ぐらいの聴衆(ほとんどが中高年のご婦人でした)でしたが、上手な朗読で、いいなあと思いました。

こういう映画を見たり、朗読を聴いたりするのも、芸の修業に役立ちます。
posted by ぼたんちゃん at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。